S-portロゴ

ベアメタルサーバ

ユーザーの要望に合わせて使い方は自由自在。
サーバ環境の構築も含めた支援も可能です。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求だけでもれなく

ベアメタルの活用方法が良くわかる
「クラウド&データセンター完全ガイド」弊社紹介記事
& 2022年特製卓上カレンダー プレゼント

プライベートクラウドパック格安キャンペーン-定価の約50%OFFプライベートクラウドパック格安キャンペーン-定価の約50%OFF
What’s baremetal server?
ベアメタルサーバってなに?
物理サーバを提供するサービスです。

ベアメタルという言葉は「むき出しの金属」や「金属の露出した面」を表します。 これが転じてIT業界では
「ソフトウェアがインストールされていない、まっさらな状態のサーバ」 のことを ベアメタルサーバと呼ぶようになりました。
要するに素の状態の物理サーバのことを指します。

物理サーバ利用

物理サーバとして使用することも可能です。高スペックサーバを使い切ることで業務パッケージなどを効率的に活用いただけます。

仮想化利用

仮想化基盤を構築してサーバとの集約に活用いただけます。
自社運用サーバの仮想化移行やWebサイトの急なアクセス
集中への対応に活用いただけます。

こんな形が可能です! S-Portベアメタルサーバ構成例
既存のクラウドサービスではパフォーマンスが足りない
物理サーバリソースを占有したハイパフォーマンスを提供します。
プライベートクラウドの構築を検討している
仮想サーバを集約したい、基盤系サービスを閉域網で導入したい等、 ソフトウェアの開発/導入を含めた提案が可能です。

分散している仮想サーバを集約することが可能です。また、ユーザー自身でリソースを再分配をすることも可能です。仮想化基盤のSI構築も承ります。 また、閉域網と組み合わせて基幹業務パッケージをクラウド化することも可能です。

DBソフトなどのソフトウェアライセンスを検討している
既存のクラウドサービスではコストが合わない等のライセンス問題を、
ベアメタルサーバで解消することが可能です。

物理サーバ専用のソフトウェアライセンスなどの問題でクラウド化に踏み切れなかったユーザーの利用にも向いています。

ハイブリッドクラウドの構築を検討している
S-Port X コネクトサービスの併用でDBはベアメタルサーバ、 Web/APはクラウドサービスといった構成での提供も可能です。

データセンター内だけでなく、オンプレミス環境との閉域網接続も可能です。
フロントはクラウドサービス、バックエンドはベアメタルサーバ。
データはオンプレミスへ閉域網接続して即時分析といった環境が構築可能です。

自社サーバの設置場所を探している
S-Port X コネクトサービスの併用でオンプレミスと
同等の性能でベアメタルサーバを提供します。

物理サーバで構成されたシステム群をベアメタル移行&仮想化でコスト削減できます。
ベアメタルサーバならハードウェアの保守管理もアウトソースできます。
管理NWからのアクセスは専用(仮想)PCから接続できるのでクラウドライクにシステム運用が可能です。

Case study

S-Portベアメタルサーバ 構築例
Case 1
某チケット販売会社様
Case 2
某チェーン店舗企業様